みらい樹

みらい樹

2018年11月

28

29

30

31

1

2

3 文化の日

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23 勤労感謝の日

24

25

26

27

28

29

30

1

2018年12月

25

26

27

28

29

30

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23 天皇誕生日

24

25

26

27

28

29

30

31

1

2

3

4

5

2019年1月

30

31

1 元日

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14 成人の日

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

1

2

カテゴリ

イベント

_logo
2018年5月26日 開催! 親子で体験! JAPONIC(自然栽培)! vol.3 〜 ベリー水野さんのプレミアム自然栽培いちご編〜

生産農家 ベリー水野さんと一緒に「プレミアム自然栽培いちご」を楽しく&美味しくいただきます! & 高野誠鮮さんと「自然栽培農産物尽くしの夕食会」で盛り上がろう!

2018年5月26日 開催! 親子で体験! JAPONIC(自然栽培)! vol.3

【スケジュール】2018年5月26日(土)開催
【参加費】・親子(大人1名+子供(小学生以下)1名)12,000円(消費税込)
 ※大人1名でも同じ料金です。中学生以上は大人料金となります。
 ※子供2名以上でご参加される場合は、2人目から子供1名につき6,000円(消費税込)を申し受けます。

ご参加申込みはこちら

動画1: JAPONIC(自然栽培)PV

動画2: 親子で体験!JAPONIC(自然栽培)! vol.1 ダイジェスト

2本の動画があります。下の画像をクリックすると動画が切り替わります。

  • 動画

    動画1

  • 動画

    動画2

世界農業遺産に登録された「能登の里山里海」にある自然栽培の聖地、
石川県羽昨市にて「はくい式自然栽培」を学び、体験し食べる !
それが、みらい樹里が主催する「親子で体験!JAPONIC(自然栽培)」です。

3回目を迎える今回「いちご(自然栽培)」をテーマに選びました。

ところで、皆さんは「希望のイチゴ」という本を読んだことがありますか?

「農産物に多量の農薬と肥料が使われているのが常識となっている中、イチゴの無農薬・無肥料栽培(自然栽培)は”最も難しい”言われてきた。
イチゴは皮をむくことのできない繊細なフルーツだ。
色んな病気、病害虫や雑草などからイチゴの実を守るため(それぞれ使用回数の制限はあるが)、収穫前日まで60品目の農薬が使用できる。
前日まで使用できる農薬の種類の多さに「残留農薬」への不安はぬぐえない。」

この本に書かれている通り、ご近所のスーパーに並んでいる美味しそうなイチゴですが、じつはハンパない量の農薬が使用されていたりするのです。

大人も子供もお爺ちゃんもお婆ちゃんも、みんな大好きなイチゴ。なんとか安全で美味しいイチゴは食べられないものか、、、

ということで、今回の「親子で体験!JAPONIC(自然栽培) vol.3」では、ベリー水野こと自然栽培イチゴ生産農家 水野早乙美(みずのさとみ)さんに色々とレクチャーしていただきます。

 

彼女の簡単なプロフィールですが、

2016年度の、のと里山農業塾(自然栽培実践塾)第3期塾生として1年間、東京から羽咋へ月に1~2度通い、修了証書を授かり、2017年2月に自然栽培農家になる為、東京より単身で羽咋に移住。
2017年4月に新規就農者認定を受け、農家を営むと同時にJAはくいにて、自然栽培部門の営業担当も務めています。

そんなベリー水野さんは、実は、ある強い「こだわり」を持って自然栽培に取り組んでいます。

彼女の愛読書は「アナスタシア」。

種を蒔くときは、まず自分の舌にその種をふくみ、自分の遺伝子情報を種に伝えてから、種を蒔いていく。。。

植物の栽培方法も書かれている本なのですが、これらの思想を自然栽培に取り入れながら、農業を実践されているのです。

そんな水野さんが育てている作物は「いちご」。
水野さんのまたの名を、ベリー水野というのです。

そんなベリー水野さんのこだわりを感じることができる今回のJAPONIC vol.3では、味もお値段も(笑)、超プレミアムな自然栽培のイチゴの収穫を体験していただくだけでなく、能登の豊かな自然が育む“霊水”がポイントになるのです(笑)。

自然栽培のイチゴと霊水???
さてさて、親子でいったいどんな面白い体験が出来るのか?
それは、当日のお楽しみということで(笑)。

オーガニックを超えるサスティナブル(持続可能)な農法として、いま世界から注目され始めている自然栽培。
ベリー水野さんから、自然栽培のレクチャーや地域の観光名所のご紹介、インスタ映えスポット案内まで、
たっぷり&色々と教えていただきましょう!

そして、JAPONICといえば、これだけは絶対に外せません!

あのローマ法王に米を食べさせた男、高野誠鮮さんと一緒に、高野さんが住職をつとめる妙法寺にて、「自然栽培農産物尽くしの夕食会」をご堪能ください。

地元の奥様方が腕に寄りをかけて作っていただいた、愛情たっぷりの夕食を、参加の皆さま、みらい樹のスタッフ、そしてベリー水野さん、高野さんを交えて、みんなでワイワイ楽しみましょう!

 

おっと、いつもの「はくい式自然栽培野菜」に加え、ベリー水野さんのプレミアム自然栽培イチゴ(1パック約100g)のお土産も付いてきますよ。
自然栽培イチゴは15組の限定募集となりますので、お申し込みはお早めに!

【開催日時】
2018年5月26日(土)13:00~18:00

【参加人数・資格】
20人限定

【参加費】
・親子(大人1名+子供(小学生以下)1名)12,000円(消費税込)
 ※大人1名でも同じ料金です。中学生以上は大人料金となります。
 ※子供2名以上でご参加される場合は、2人目から子供1名につき6,000円(消費税込)を申し受けます。

【集合場所】
・現地集合・解散となります。
※「邑知(おおち)の郷公園駐車場」に13:00までにお集まりください。

【スケジュール】
13:00 現地集合
・ベリー水野さんとイチゴ摘みの他にも色々と体験していただきます。
・妙法寺にて、高誠鮮鮮さんと「自然栽培尽くしの夕食会」!
18:00現地解散
※車でお越しの方は邑智の郷公園まで徒歩移動していただきます。
※駅まで帰られる方は、お申し込みの際にその旨ご連絡ください。
 タクシーを手配します。 (タクシー代は各自負担となります)。

【 ご留意ください! 】
・イベントで”霊水“を汲みますので、お水を入れるボトルは各自ご持参ください。
・プレミアムな自然栽培のイチゴです。収穫量は150gのみとなりますので予めご了承ください(そのうち50gをイベントで使用、残りの100gがお土産となります)。
・イベントの様子を映像に収録させていただき、各種情宣に利用させていただきますので、予めご了承ください。
・「はくい式自然栽培野菜」のお土産は、ご参加いただく大人の人数分をご用意しております。お子様にはご用意しておりませんので、予めご了承ください。(イチゴのお土産は、お子様分もご用意していますので、ご安心ください)。

トップ